食べて痩せる 産後ダイエット

日本市場の中で、通信販売の進化と今後の課題について。

日本の40年前への小売店(百貨店、専門店、小売店)の形態でした。そこに、スーパーの拡大と一部の通販型(雑誌型)も始まりました。オイルショツク以後、小売りの販売方法での形態が、変化し始めた時でした。その頃は、対面販売を中心で売ることが、中心でした。他の販売することに対しては、各社の中でも通販等の販売への拒絶反応ありました。通販の場合は、市場が成長、物の流れ、資金の支払い方法等の環境整備と運営管理が、未開発の状況でした。時代と共に発展するが、10年程の時間が必要でした。カタログの紙面製作や写真撮影と場所、表現方法等を含めて、色々の要素が、十分な条件を含み、素材のクオリテー面、言葉の表現方法を入れたことで成立する。この場の紙面作成は、商品企画と商品内容と背景や色彩等を紙面上に、表現できるか?決まります。この紙面で売上金額が、2000万以上〜を生み出すことに当時では、理解できませでした。そんな中で、情報機器の発展で更に進歩し、情報量の拡大へ移行した。そこで、カタログ雑誌型と情報器型の媒体も大きく変わり、情報器型へ比重が、掛かり始めた。その頃から、アマゾン、ヤフー、楽天の大手の通販企業が、市場に展開を始めたのである。その後の市場は、各媒体の特徴ある物と商品が、合う者同士で組み、無駄の物が、削がれ、非常にマツチした方へ進んだ。情報機器の場合は、かなりの情報を作り、配信できますので、規模的にも膨大な商店となりました。ここで、日本の何処でも購入可能である便利性と煩わしくないので、更に、支払い方法の広さと選択できる点が、大きく展開させることになりました。益々、便利で、品物の豊富差と商品のクオリー要求と誠実な対応が、大きく進む事になる。今後、物を販売だけでなく、情報、サービス、代行(代理)等の幅広い形に変化していくと考えられる。その背景には、情報機器も変化、進歩しながら便利さ追及され、次世代の機器へ変化することになる。